プレスリリース
JXオーシャンが機器の状態監視・自動診断システム「ClassNK CMAXS LC-A」を採用

株式会社ClassNKコンサルティングサービス(本社:東京都千代田区)が提供する船舶搭載機器の状態監視・自動診断システム「ClassNK CMAXS LC-A」が、この度JXオーシャン株式会社の管理するタンカー1隻に採用されました。

「ClassNK CMAXS LC-A」は、各機器に設置されたセンサから得られたデータの相互関係を高度な技術により解析し、機器の状態診断及び早期異常検知を自動的に実施するシステムです。また、解析及び状態診断に基づく主機の最適運航設定値の提示機能に加え、復旧作業手順の自動提示といった機能なども備えています。本システムでは、主機関だけではなく、発電機機関、補機タービン、中間軸受や船尾管軸受といった推進軸に関係する機器を含めた機関室の多種多様な機器を対象としており、また、1つのシステムで状態診断や早期異常検知を実施することが可能な統合プラットフォームとしての一面も持ち合わせています。これにより、機器毎に別々の状態診断システムを導入する必要がなくなるため、システムを使用する乗組員や船社にとっての利便性が向上します。

JXオーシャン株式会社においては、「ClassNK CMAXS LC-A」のトライアル運用を通じ、復旧作業手順の自動提示機能に加え、統合プラットフォームによる利便性が高く評価され、この度の採用に至りました。

株式会社ClassNKコンサルティングサービスでは、今後も「ClassNK CMAXS LC-A」を通じて機器のライフサイクルコストの低減に貢献できるシステムを提供してまいります。

この件に関するお問い合せ先:

株式会社ClassNK コンサルティングサービス
Tel: 03-5226-2290
E-mail: consulting@classnkcs.co.jp

このページの先頭へ