ClassNK CMAXS

船舶が安全に航行するためには、船内に搭載されている機器の状態把握や保守管理を適切に行い、機器のトラブルを防ぐことが重要です。そこで日本海事協会は、株式会社IMC、株式会社ディーゼルユナイテッド、三井造船株式会社そして三造テクノサービス株式会社と共同で包括的ソフトウェアソリューションである船舶保守管理システム”ClassNK CMAXS”を開発しました。この新しいソリューションであるClassNK CMAXSは、機器のトラブルを初期段階で防止して船舶の安全運航の支援だけでなく、機器のライフサイクルコストの削減も支援致します。

ClassNK CMAXS PMS / ClassNK CMAXS SPICS / ClassNK CMAXS ABLOG
~優れた操作性で船内機器のメンテナンス業務の効率化を実現~

*ClassNK CMAXS PMS及びClassNK CMAXS SPICSは日本海事協会の使用承認を取得しています。

機能紹介

ClassNK CMAXS PMSは、本船上で行う機器の保守業務を管理するためのシステムです。船内システムでは、立案した保守作業計画に従いその進捗管理を行うとともに、作業報告書の作成・管理を行います。作業計画表や作業報告書は船陸間で共有され、本船のみならず船主・船舶管理会社でも保守作業実施状況を容易に把握することができ、本船に対する管理、支援を強化できます。

ClassNK CMAXS SPICSは、船内予備品の在庫及び発注の管理に関する一連の業務支援を行うシステムです。本船システムでは、船内の予備品在庫情報を管理し、使用により予備品に不足が発生すると補充数を計算し、船主・船舶管理会社に補充要求を行うことができます。また、陸側システムでは、サプライヤーへの見積要求や発注業務を行うことができます。各情報はクラウドサービスにて船陸間で共有されるため、船主・船舶管理会社は船内在庫数や発注品の受領状況、船内予備品の消費状況の確認ができ、本船上では船主・船舶管理会社が実際にサプライヤーに要求した予備品の発注状況の確認が行えます。

ClassNK CMAXS ABLOGは、航海及び機関のAbstract Logを作成・管理するシステムです。Abstract Logに必要な情報(出入港、正午での船位、海象、航海距離、燃料残量等)を入力すると、必要な計算が自動的に行われ、航海・機関日誌やNoon Report等各種帳票を容易に作成することができます。また、過去のAbstract Logデータを用いて、燃料消費量、パワーカーブ等各種グラフを表示することができます。

ClassNK CMAXS LC-A
~ビッグデータを用いた最新の状態診断技術による安全かつ最適オペレーションと保守、そしてライフサイクルコストの低減を実現~

機能紹介

ClassNK CMAXS LC-Aは、機器メーカーとの協働の下、機器の種類を問わず診断とサポートを行うことができる統合診断プラットフォームです。ClassNK CMAXS LC-Aは本船で乗組員が必要な対処を迅速に行うことを目的に、一連の処理を船内のシステムで完結しています。自動異常診断、自動状態診断に加えて、トラブルシュート機能を装備しており、異常発生時の点検や復旧作業の指示、保守管理情報を自動的に提示します。また、高度で最新のデータ解析技術を組み込んだ状態診断アルゴリズムを用いており、従来の性能診断とは異なります。ClassNK CMAXS LC-Aは、統合サポートシステムであり、各機器の異常診断、状態診断、トラブルシュート支援のサポート等、大きな価値をご提供致します。

ClassNK CMAXS e-GICSX
~ビッグデータを活用した船内早期異常診断による主機関の予防保全と高精度な状態診断を実現~

機能紹介

ClassNK CMAXS e-GICSXは三井及びマキタ製MAN B&W主機関に設置された複数のセンサデータだけではなく、気象・海象等の航海データを包含するビッグデータの相関関係を、高度で最新のデータ解析技術を用いて船内で解析・監視することで、早期に的確な異常診断を行います。また、船内の異常診断結果を陸上で解析する性能診断に反映することで、高精度な状態診断を行います。

なお、ClassNK CMAXS e-GICSXは三井及びマキタ製MAN B&W主機関に適用するシステムですが、ClassNK CMAXS LC-Aと統合診断プラットフォームを共有することによって、補機といった他の機器と組み合わせて使用することが可能です。

CMAXS Web Service
~インターネット接続を介して管理船に搭載の機器の状態を把握~

ClassNK CMAXSでは、CMAXS Web Serviceをご提供致します。このCMAXS Web Serviceは、ClassNK CMAXS LC-AやClassNK CMAXS e-GICSXの各システムに連携しており、船舶を複数管理している場合であっても、どの船で、また、どの機器で異常を検知したか、または、状態が悪化傾向にあるか容易に把握することが可能です。陸側のユーザー(船主・船舶管理会社や各メーカー)は、インターネット接続を介してCMAXS Web Serviceにログインし、管理船に搭載されている機器の状態の閲覧や機器毎の計測データのダウンロードが可能です。

 パンフレット(ClassNK CMAXS 詳細版) [PDF:972KB]

 パンフレット(ClassNK CMAXS ダイジェスト版) [PDF:268KB]

本件に関する詳細につきましては、以下宛に電子メールにてお問合せください。
E-Mail: consulting@classnkcs.co.jp

このページの先頭へ