塗装検査員補助員講習

IMOによりバラストタンク及び油タンカーのカーゴタンク等の塗装性能基準(PSPC)が発効し、その塗装検査は、FROSIO* Level III、又はNACE Level 2等の有資格者による実施が要求されていますが、PSPCの検査が多項目にわたることから、事前の教育等を条件に塗装検査員を補助する「塗装検査員補助員」の起用が認められています。

株式会社ClassNKコンサルティングサービスは、日本で唯一のFROSIO公認講習機関である株式会社日本ピーエッチバリューと共催で塗装検査員補助員の講習会をご提供致します。

*FROSIO: 
ノルウェーで発足し、主として船舶と海洋構造物の塗装が行われる被塗面の表面処理と塗装状況を検査する検査員資格。ヨーロッパを中心に広く普及しており、塗装分野の国際資格として世界的に認知されています。

塗装検査員補助員確保のメリット

補助員は、現場検査においてFROSIO等有資格検査員を補助することが可能であり、建造工程で船舶塗装検査を適切かつ効率的にサポートできます。
また、補助員の確保は、組織の品質管理や職場の健康安全への動機づけとなり、ステークホルダーの信頼性向上につながります。

講習の内容

2日間の講習では、講義・グループ討議・実測機器による計測実演・質疑応答など、バランスの良いカリキュラムをご提供いたします。

また、同業者等との情報交流の場や、経験年数の短い方向けの研修としてもご利用いただけます。 講習最後に実施する修了試験の合格者には修了証を発行致します。修了証の有効期限は発行日より5年間で、更新には業務履歴申告書のご提出が必要となります(再度講習を受講頂く必要はございません)。

経験豊富な講師陣

担当する講師は、日本で唯一のFROSIO公認講習機関である株式会社日本ピーエッチバリュー代表、塗料メーカー勤務をはじめ長年塗料業務に従事した日本FROSIO会の第一人者、そして造船所の塗装現場に長年従事及び精通した経験者が担当致します。

パンフレット(塗装検査員補助員講習) [PDF:236KB]

本件に関する詳細につきましては、以下宛に電子メールにてお問合せください。
E-Mail: consulting@classnkcs.co.jp

このページの先頭へ